飲食店経営者様向け助成金

あまり知られていないのですが、飲食店の独立・開業時には

返済不要の厚生労働省独立・開業支援助成金制度を利用できる可能性が高いです。

飲食店を開業する場合は、レストラン、カフェ、居酒屋などの飲食店を始める場合には、
厨房設備、店内改装、家賃等多額な資金が必要となります。

助成金は、返済不要のため飲食店の独立・開業時に必要となる多額な
経費を大幅に削減でき、早期経営安定化も可能となります。

まずは、助成金の受給事例をご覧下さい。


飲食店経営者様の助成金受給事例

事例1

飲食事業を始め、3か月以内に支払った経費の3分の1である150万円の助成金が支給!

受給資格のあるものが創業した場合に、一人でも採用すれば最大150万円の助成金がもらえるます。

事例2

飲食店のパートを正社員化することで1人40万円の助成金が支給!

パートタイム労働者・有期契約労働者を対象とした正社員への転換のための試験制度を
導入し、実際にパートタイム労働者または有期契約労働者を正社員へ転換した場合に
一人40万円の助成金がもらえます。

助成金無料相談受付中! 022-714-6131

■HOME

事務所紹介

専門家紹介

サポート料金

無料相談実施中