ストレスチェックに使える助成金

m3-141.jpg

2015年12月1日からストレスチェック制度が開始されました。
この制度により、従業員が50名以上いる会社は、従業員へのストレスチェック検査が義務化されました。
 
このストレスチェック検査の導入にあたって、企業が国から返済不要でもらえる助成金が出ております。
50名以下の企業でストレスチェック検査の導入を検討している企業は是非活用ください。



.ストレスチェックとは    

ストレスチェック制度とは、働く人をストレスから守るために、ストレスチェック検査を義務化した制度です。近年、ブラック企業問題などによって、職場のメンタルヘルス(心の健康)が社会問題となっています。

職場の労働環境や人間関係などによって、心の健康が圧迫されてしまい、自殺者や過労死が相次ぐなど事態が深刻化しているのです。
そうした事態を受けて、厚生労働省は2014年6月に改正労働安全衛生法を設立しました。

また、2015年12月1日からストレスチェック制度を開始することを決め、従業員50名以上の全事業所でのストレスチェック義務化を決定したのです。


ストレスチェック制度とは、職場のメンタルヘルス不調を未然に防止することを目的とした制度です。
義務化されていますので、従業員が50名以上いる会社は必ず実施しなくてはいけません。

労働者側にとっては義務ではないため、必ず受ける必要はありませんが、自分のストレス状況を把握するため、積極的に活用するのがおすすめです。

ストレスチェックに使える助成金

ストレスチェックに使える主な助成金は以下の2つです。
1.
職場定着支援助成金(個別企業助成コース)
2.ストレスチェック実施促進のための助成金

1.職場定着支援助成金(個別企業助成コース)とは

雇用管理制度(評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度)の導入などを通じて従業員の離職率の低下に取り組む健康・環境・農林漁業分野などの事業を営む事業主(以下、「重点分野関連事業主」という)に対して助成するものです。新たに雇用管理(健康づくり)制度の導入・実施を行った場合下記の金額が助成されます。

助成額
 制度導入 10万円 (1制度につき)
       目標達成 60万円 (従業員の離職率の低下が図られた場合)

2.ストレスチェック実施促進のための助成金とは

事業場の所在地が同一の都道府県にある、複数の従業員数50人未満の小規模事業場が、合同でストレスチェックを実施し、また、合同で選任した産業医からストレスチェック後の面接指導等の産業医活動の提供を受けた場合に、費用の助成を受けられる制度です。

助成額  ストレスチェックの実施 1従業員につき実費 上限500円/年1回
        ストレスチェックに係る産業医活動 上限1回2万1,500円/年3回※1

※1・・・1事業場当たり産業医活動1回につき実費
※1・・・※産業医活動は、下記のいずれかのような活動を行うことで1回となる
         ・ストレスチェックの実施について助言する
         ・ストレスチェックの実施後に面接指導を実施する
         ・ストレスチェックの結果について、集団分析を行う
         ・面接指導の結果について、事業主に意見陳述をする

無料相談のご案内

当センターを運営する仙台社会保険労務士法人では、これから助成金申請を検討されている方に無料で相談を行っております。また、日々の業務でお忙しいという方の為に、土曜、日曜日も相談を受け付けております。

助成金のサポートプランをご覧いただき、既にご依頼内容が固まっている方もそうでない方も大歓迎です。お気軽にご相談下さい。


【相談予約電話】 022-714-6131
 
 お電話はみらい創研グループ(代表)にて承ります。
 仙台助成金.comを見たとお申し付け下さい。

【電話受付時間】 9:00~18:00